megaphoneWe're listening! How do YOU discover apps?X

世界の凶悪犯罪事件簿

世界の凶悪犯罪事件簿

Add this app to your lists
View bigger - 世界の凶悪犯罪事件簿 for Android screenshot
View bigger - 世界の凶悪犯罪事件簿 for Android screenshot
View bigger - 世界の凶悪犯罪事件簿 for Android screenshot
View bigger - 世界の凶悪犯罪事件簿 for Android screenshot
WEBサイトで100万人が震撼した【世界の凶悪犯罪事件簿】がAndroidアプリでも登場しました

□恐怖震撼保証(きょうふしんかん保証)

オサマ・ビン・ラディン、ゲイリー・マイケル・ヘイドニク殺人鬼、ペーター・キュルテン、デュッセルドルフの吸血鬼、アルバート・フィッシュなど、世界を震撼させた凶悪犯罪事件を厳選して紹介

様々な記事を編集部が厳選して誰もが震撼するエピソードをまとめあげました
内容も豊富で初めての方にも安心してお楽しみいただけます

□うれしい最速更新保障
たくさんの恐怖の事件簿を最速スピード更新!

□便利な機能で快適読書タイム
既読のチェックが出来る機能もありますので、一目で既読・未読が見分けられます。

□遊び方
簡単操作で誰でも手軽に使えます。
当アプリはワンタッチで既読/未読がチェックできます。
また人気の記事はランキング順に掲載されていますので、あなたの興味のある記事を簡単に探す事ができます。

今後も事件簿クオリティを目指してどんどん増やしていきます!!どうぞお楽しみに!!

--事件簿 一部抜粋---------------
【メアリ・フローラ・ベル】
1968年5月、ニューキャッスル。
スラム街のとある無人の家で、子供の死体が発見された。
被害者はマーティン・ジョージ・ブラウンという4歳の男の子で、遺体の周辺には錠剤が散らばっていた。当初は誤って薬を口にし、中毒死したのだろうと思われたが、検死の結果、脳内に微量の出血がみられた。医師はこれをひきつけの発作のせいだろうと判断し、マーティンは自然死として片付けられることになる――いったんは、、、

----------------------------------
【ベラ・キス】
1916年、ハンガリーの首都からかなり離れた田舎町で起こった事件である。
この町に、都会から15歳ほども若い細君を連れて移り住んできた40過ぎの男がいた。彼はかなり手広く商売をやっているブリキ工場の持ち主とかで、羽振りもよく、大きな屋敷を借りていた。夫婦はともに心霊学マニアで、なにやら怪しげな書物や水晶玉などを集めているようだが、仲はいいようだし近所に迷惑をかけるわけでもないので、人々は「ただの物好き」と思いながら遠巻きにそれを見ていた。
しかし亭主が週に1~2回ばかり仕事で家をあけるたび、若い美人の細君が都会から美青年の画家を呼び寄せては森でピクニックやら、散策しているというのはすぐにゴシップとなって狭い町に知れ渡った。田舎ではなにも隠しておけない。いまも昔も、変わらない真理だ。
夫婦が越してきて7ヶ月あまりが過ぎたころ、キスが仕事で留守にしている間に夫人が置手紙を残して蒸発してしまった。おそらく例の画家と駆け落ちしたに違いなかったが、このゴシップもまたたく間に近隣に知れ渡った。これを期に、キスは人ぎらいになったようで、ほとんど人前に姿を見せなくなった。
家にこもりきりになったキスを訪れるのは、日雇いの家政婦くらいのものである。この婆さんのもとへ、自然とゴシップ好きな農民たちが集まり、こう訊くことになる。
「旦那はどうだい、どんな様子だった?」
「しょげちゃって、見ちゃいられないさ。逃げた奥さんの服だの靴だの、後生大事に部屋に飾ってさ。でもね、その部屋の奥にね――これは内緒だよ――向こうに隠し部屋がひとつあって、鍵穴から覗いて見たら、大きなブリキの樽が5つも置いてあったよ」
「へえ、樽が5つもねえ」
この話もすぐに町中へ広まった。当時の山間には密造酒を作っている者は少なからずいたので、彼もきっと、きつい自家製の酒を買い入れてきて自棄酒を夜毎あおっているのだろう、ということになった。
だがこの噂を聞きつけたキス本人は笑って、
「密造酒なんてとんでもない。あれは揮発油ですよ。知り合いの石油屋が破産しまして、法外に安い値だったから引き取ったんですが、実のところ少々もてあましているんです」
これでともかく、ゴシップはいったんは鎮火した。が、またじきに新たな醜聞がキスのまわりを飛びかう。キスが都会の近くで、豪勢な身なりをした女と腕を組んで歩いているのを見たという者がいたのである。が、それっきりで、その女を2度とキスと一緒に見かけた者はない。そしてすぐに「また別の女と歩いていた」という噂もたった。しかしキスはいまや女房に去られた男やもめなのだ。誰と付き合おうが、悪いことはない。人々はにやにや笑って噂しながらも、決して彼を咎めているわけではなかった。
----------------------------------
【ベラ・レンツィ】
彼女は夫2人と、愛人32人を殺し地下室の棺に「コレクション」していた。
ベラは早熟な少女で、10代のうちから恋人をとっかえひっかえしては家出し、しかしその度すぐに飽きて帰ってきた。そのうちずっと年上の実業家と恋に落ち結婚したが、息子が生まれて間もなく、夫は姿が見えなくなった。
「あのひとは新しい恋人ができて、外国に行ってしまいました」とベラは周囲に説明した。
人々の同情を受けながら、しばらくベラはいかにも傷心の様子で家に引きこもっていたが、一年ほど経つとカフェや劇場にも通うようになった。そのうち、外国の夫から死亡通知が届いたと言い、彼女は若い美青年と再婚した。
が、その青年の四ヵ月後には「旅に出て」しまった。
彼女の家には入れかわり立ちかわり、愛人が出入りした。そのほとんどは外国人や旅行者だったので、失踪してもさしたる問題にはならなかった。しかし32人目は相手が悪かった。彼は町の名士だったので、捜索願いが出されては警察も無視することができなかったのである、、、
----------------------------------
【ジョン・ジョージ・ヘイ】
「ロンドンの吸血鬼」と呼ばれたジョン・ジョージ・ヘイは、1911年にイギリスのヨークシャーで生まれた。
炭鉱夫だった父は度はずれたプリマス同胞教会の信者で、家族にはすべての娯楽を禁じていた。書物のたぐいはいっさい禁止で、新聞さえ読むことを許されず、手にしていいのは聖書だけであったという。
また、「悪魔の侵入を防ぐためだ」と言い、家を高い高い塀でぐるりと囲ってしまい、家族に隠遁者まがいの生活を強要した。生活はすべてにおいて禁欲的で、質素というよりは貧乏に近いものであったようだ。
母は占いに傾倒しており、とくに夢占いに凝っていた。ヘイは長じてからも夢の予言性と魔力を信じていたようだが、これは母親の影響だろう。この両親のもとに育ったヘイの犯行は、当然のことながら悦楽的というには程遠く、むしろ狂おしいほど宗教的なものである。
彼の人生は、一貫して夢と現実とが等価であった、、、

【続きはダウンロード後お楽しみください】

Tags: 世界の凶悪事件, 世界の凶悪事件簿, 世界の凶悪犯罪, 世界の凶悪犯罪事件簿, 世界の凶悪犯罪者, 世界の凶悪犯, 世界凶悪事件, 世界凶悪事件簿, 世界 凶悪犯罪, 世界の極悪事件.

Recently changed in this version

更新情報はありません。


Comments and ratings for 世界の凶悪犯罪事件簿

  • There aren't any comments yet, be the first to comment!