Ask an expert: get a personalized answer within 24 hrs!X Close

SecureBranch Androidクライアント

SecureBranch Androidクライアント

100 - 500 downloads

Add this app to your lists
View bigger - SecureBranch Androidクライアント for Android screenshot
View bigger - SecureBranch Androidクライアント for Android screenshot
View bigger - SecureBranch Androidクライアント for Android screenshot
本アプリケーションは、企業向けリモートアクセス製品「UNIVERGE SecureBranch VM」のAndroid用クライアントです。ダウンロードする前に後段のソフトウエア利用許諾を確認下さい。ダウンロードされた場合、利用許諾に合意されたものとみなします。
本アプリケーション利用のためにはイントラネットに設置したUNIVERGE SecureBranch VMサーバにユーザ登録が必要です。

製品に関するお問い合わせは http://www.nec.co.jp/datanet/securebranch_vm/ を参照ください。

【動作確認機種】
N-04C
N-06C
N-01D
NEC LifeTouch

【ソフトウエア利用許諾】
ソフトウェアのご使用条件

この度はVPNアプライアンス「UNIVERGE SecureBranch VM」をご購入いただき、まことにありがとうございます。
お客様は、以下に記載の本ソフトウェアのご使用条件(以下「本使用条件」といいます。)にご同意いただくことを条件として、本ソフトウェアを使用することができます。お客様は、本使用条件にご同意いただけない場合には、本ソフトウェアを使用することはできませんので、本ソフトウェアをダウンロードしないでください。お客様が本ソフトウェアをダウンロードした場合、本使用条件にご同意いただいたものといたします。

 ソフトウェア・プロダクト名: UNIVERGE SecureBranch VM Androidクライアント

お客様(以下「甲」といいます。)と日本電気株式会社(以下「乙」といいます。)とは、1.1所定のソフトウェア・プロダクトに関し、次のとおり合意します。
1. 定義
 1.1 「ソフトウェア・プロダクト」とは、上記のオブジェクト形式のコンピュータ・プログラムおよび関連資料をいいます。
 1.2 「指定ハードウェア」とは、ソフトウェア・プロダクトに何らの変更を加えることなくこれを稼動させることができるコンピュータをいいます。
2. ライセンス
 2.1 乙は、甲に対し、ソフトウェア・プロダクトを、UNIVERGE SecureBranch VMにネットワーク回線により接続された指定ハードウェア上で甲の内部業務目的のためにのみ使用する一身専属的、譲渡不能の非独占的権利を許諾し、甲はかかる権利を受諾します。
 2.2 ソフトウェア・プロダクトは、指定ハードウェアの一時メモリ(例えば、RAM)にロードされ、または固定メモリ(例えば、ハードディスク、その他の記憶装置)にインストールされたときに当該コンピュータにおいて使用されたものとします。
 2.3 OpenSSL
この製品には、OpenSSL Projectが、OpenSSL Toolkit(http://www.openssl.org/)での使用のために開発したソフトウェアが含まれています。
Copyright (c) 1998-2002 The OpenSSL Project. All rights reserved.
この製品には、Eric Young(eay@cryptsoft.com)により作成された暗号化ソフトウェアが含まれています。
Copyright (c) 1995-1998 Eric Young (eay@cryptsoft.com) All rights reserved.
OpenSSLツールキットは、二重のライセンスの下にあります。すなわち、このツールキットには、OpenSSLのライセンスと元のSSLeayのライセンスの両方の条件が適用されます。
 2.4 ZXing
この製品には、ZXingが含まれています。
Copyright (c) 2007 ZXing authors
ZXingは、ZXing Apache License, Version 2.0の下にライセンスされます。
3. 複製権
 3.1 甲は、前条に定める範囲内でソフトウェア・プロダクトを使用する場合、当該範囲内でソフトウェア・プロダクトを複製(インストール)することができます。ただし、第2条第3項および第4項に定めるソフトウェアの部分については、この限りではありません。
 3.2 前項に基づきソフトウェア・プロダクトを複製した場合は、ソフトウェア・プロダクトに付されている乙の著作権表示その他の表示と同一の表示を当該複製物にも付すものとします。
4. 移転等
 4.1 甲は、乙の書面による事前の承諾を得ることなくソフトウェア・プロダクトを第三者に譲渡し、担保に供し、または第三者に使用させてはなりません。
 4.2 甲は、乙の書面による事前の承諾ならびに日本国政府および関連する外国政府の必要な許可を得ることなく直接または間接にソフトウェア・プロダクトまたはその直接製品を輸出、再輸出、転売、出荷、もしくは転用し、または輸出、再輸出、転売、出荷、もしくは転用させてはなりません。
5. 逆コンパイル等
 5.1 甲は、ソフトウェア・プロダクトを改変、リバースエンジニアリング、逆コンパイルまたは逆アセンブルしてはなりません。ただし、第2条第3項および第4項に定めるソフトウェアの部分については、この限りではありません。
 5.2 甲は、ソフトウェア・プロダクト上または内部にある乙の著作権表示その他の表示を除去または変更してはなりません。
6. 無体財産権
 6.1 本使用条件は、ソフトウェア・プロダクトに関する著作権その他の知的財産権を甲に移転するものではありません。
7. 保証の制限
 7.1 乙は、納入日から6ヶ月以内に、乙の責めに帰すべき事由によるソフトウェア・プロダクトの誤り(バグ)が発見され、その旨を甲から通知された場合、乙が適切とする修正を行います。ただし、甲は、当該バグ修正により当該誤りが完全に訂正されない、または誤動作が回避されない場合があることをあらかじめ了承するものとします。本項に基づく修正をもってソフトウェア・プロダクトに関する乙の担保責任の全てとします。
 7.2 乙は、商品性および特定目的への適合性に関する保証ならびに第三者の権利を侵害しないことの保証を含め、前項を除き、いかなる保証も行いません。
 7.3 乙は、いかなる場合も、甲の逸失利益、特別な事情から生じた損害(損害発生につき乙が予見し、または予見し得た場合を含みます。)および第三者から甲に対してなされた損害賠償請求に基づく損害について一切責任を負わないものとします。また、乙が損害賠償責任を負う場合には、乙の損害賠償責任は、その法律上の構成の如何を問わず、甲が支払ったUNIVERGE SecureBranch VMの代金相当額を以てその上限とします。
8. 権利の終了
 8.2 甲が本使用条件のいずれかの条項の一に違反した場合には、乙は、いつでも本使用条件に基づく甲の権利を終了させることができるものとします。
 8.3 前項により本使用条件が終了する場合、甲は、全ての媒体に含まれたソフトウェア・プロダクトを直ちに破壊し、その旨を証する文書を乙に提出するものとします。
9. その他
 9.1 本使用条件にかかわる紛争は、東京地方裁判所を専属的合意管轄裁判所として解決するものとします。

Tags: securebranch, securebranch クライアント, UNIVERGE 3Cとは, secure branch, nec わ ソーシャル, 推奨クライアント, univerge mobile client 推奨, securebrunch, nec corporation アプリ ソーシャルコミュニケーター, zxing 2.0とは ライセンス.

Recently changed in this version

初期登録処理を改善しました


Comments and ratings for SecureBranch Androidクライアント

  • There aren't any comments yet, be the first to comment!