YOUTUBE動画見れます!アメトーク動画集

YOUTUBE動画見れます!アメトーク動画集

100 - 500 downloads

Add this app to your lists
『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーーク!』(あめあがりけっしたいのトークばんぐみアメトーーク!)とはテレビ朝日系で毎週木曜日の23:15 - 金曜未明0:15(一部の地域を除く)に放送されているバラエティトーク番組。雨上がり決死隊の冠番組である。2003年4月7日、『雨上がり決死隊のトーク番組アメトーク!』として放送を開始し2006年10月に改題(詳細は後述)。通称「アメトーーク」、「アメトーク」。キャッチフレーズは「業界内視聴率ナンバー1!」または「業界内視聴率ナンバー1番組」。字幕放送実施番組。2007年3月29日の70分版よりハイビジョン制作が行われている。
雨上がり決死隊デビュー後、単独では初めての冠番組。なお、複数の芸人がメインとして出演した冠番組としては、過去に同じテレビ朝日で放送された「アメジャリチハラ」(1996年10月~1997年3月、雨上がり決死隊・ジャリズム・千原兄弟3組合同の冠番組)という番組があった。

まず2002年10月3日に単発スペシャル番組『苦節14年 初冠特別番組 雨上がり決死隊!!』が放送。この時既にゲストを迎えてのトークというスタイルが出来上がっていた。その後同様に単発で2度(同年12月7日、2003年3月24日)放送され、そのときのゲストは陣内孝則ほか。2003年4月7日から晴れて『雨上がり決死隊のトーク番組 アメトーク!』としてレギュラー番組化された。2006年9月25日までは放送時間がネオネオバラエティ(ネオバラエティ第2部)の毎週月曜日(火曜未明) 0:15‐0:45だった。

2006年9月まで月曜日に放送されていた『奇跡の扉 TVのチカラ』のチーフプロデューサーの使途不明金疑惑による『TVのチカラ』の打ち切りに伴う『Qさま!!』の月曜ゴールデン枠進出により、2006年10月12日から現在の放送時間のネオバラエティ(ネオバラエティ第1部)となった。宮迫によると「放送時間が2倍になったから」という理由でタイトルに長音符が1本追加された(厳密には25分拡大)。これは木曜昇格1回目の放送時にて言われたもので、宮迫曰く「ゴールデンで2時間スペシャルをやったらタイトルは伸ばしが4本(アメトーーーーク)になる」とのこと。ネオバラエティに昇格して初のゴールデンタイムでの放送(2007年9月20日)は3時間番組で、その言葉通りタイトルが「アメトーーーーーーク」と長音符6本になった。また、以降もゴールデンでのスペシャルでは、放送時間30分ごとに長音符1本付いたタイトル表記になっている。

基本的には隔週木曜日に収録し、その14日後に放送される。

高橋茂雄(サバンナ)が企画した中学の時イケてないグループに属していた芸人で、2009年1月の月間ギャラクシー賞を受賞した。また、この番組で取り上げられ話題を呼んだ「雛壇芸人」「家電芸人」が2009年のユーキャン新語・流行語大賞にノミネートされた[1]。

火曜21時に放送されている『ロンドンハーツ』とは姉妹番組にあたり、番組の終盤ではロンドンハーツの番組予告が流れる。

業界視聴率が高いというのもあってこの番組をきっかけに知名度を上げブレイクした芸人や再ブレイクした芸人も多い。高橋、有吉弘行、ケンドーコバヤシ、野性爆弾、ねづっち(Wコロン)、椿鬼奴などがその例である。また、一般の視聴率も深夜番組にも拘わらず10%と高視聴率を叩き出し、時には15%前後を取ることもある。

2011年10月の改編で火曜日のネオバラ枠の「ぷっ」すまは金曜日の深夜に移動し、月曜日のネオバラ枠の雑学王と水曜日のネオバラ枠のシルシルミシルは終了し、尚、シルシルミシルは日曜日のゴールデンのみの放送になり、唯一、この番組のみが一切変更無く放送される。
内容 [編集]

番組開始当初はお笑い芸人だけでなく、アイドル・俳優など様々なジャンルのゲストをスタジオに招いてきた。しかし2004年後半ごろから2000年代のお笑いブームに便乗する形で人気若手芸人数組を一度にゲストに招くようになり、主にお笑いファンの視聴者をターゲットにした番組となった。それに伴い、俳優などがゲストで出演するのはテレビ朝日の新ドラマの番組宣伝時程度となった。またごく稀に1時間丸ごとドラマや映画の宣伝目的で俳優がゲストの企画もあるが、「○○芸人」という企画タイトルが定着したためか、最近ではこういった企画でも出演者が芸人でもないのに「○○(作品タイトル)芸人」と括られることが多くなっている。また「趣味を語る」という特性からか出演ゲストの殆どが男性であり、女性芸人が出ることも少ない。一方で観覧客は女性が圧倒的に多く、トークで熱く語る芸人に対し観覧客が内容についてゆけず唖然としてしまう光景も珍しくない。トークテーマは回によっては様々だが、2010年頃から「○○あるある」は毎週トークテーマに挙がることが多い。

現在では「ガンダム芸人」など、ある共通の趣味や特徴を持った芸人を集めてトークする企画、いわゆる「くくりトーク」(後述)が特に人気を博している。内容のマニアックさが深夜という時間帯に絶妙にマッチした番組となっており、高視聴率にも関わらず『『ぷっ』すま』と並びゴールデン進出に反対する視聴者が多いことでも知られる。なお、加地倫三プロデューサーは、実際は「一度もゴールデン進出の正式な要請は受けていない」と発言している[2]。

深夜の30分時代にはゲストによっては放送を2回にまたぐ事もあり、さらに先週のゲスト未放送分 → 今週のゲスト登場 → そのまま次週に続くというパターンも多かった。55分に拡大してからはほぼ全ての内容を1回ですべて完結させているのでこのパターンは見られなくなったが、2008年2月7日・14日放送は「出川ナイト」として初の2週連続放送を行った。

Tags: アメトーーク 出川ナイト 動画, 出川ナイト アメトーク 動画, アメトーク動画, youtube アメトーク, アメトーーク 動画, アメトーク 出川ナイト 動画, アメトーク 動画, 出川ナイト 動画, アメトーク 動画, 苦節14年 初冠特別番組 雨上がり決死隊.

Comments and ratings for YOUTUBE動画見れます!アメトーク動画集

  • There aren't any comments yet, be the first to comment!