簡易失語症分類

簡易失語症分類

100 - 500 downloads

Add this app to your lists
簡易失語失語症分類 無料アプリです。

ウエルニッケ-リヒトハイム失語図式による失語症分類。
現在このschemaは多くの失語のタイプに当てはまらないといわれています。

確かに、局在論の考え方が基礎にあるために無理があると思われます。

例えば、概念がこのschemaの上部に描かれていますが、これは一体どの部位に当たるのか説明はつかない。

しかし、例えば、急性期の患者さんの場合復唱していただく、その時の発話の流暢性でなんとなく前頭葉性なのか側頭葉性なのか見当がつきます。

個人的には、局在論よりも全体論を好みます。今はもうこういう議論はなにのかもしれませんが、
頭を整理するには、なかなかいいschemaと考えています。
失語の臨床対応としては、motor sensory mixedの3分類がsimpleで頭の整理には役立つように思います。
局在論にこだわることなく症状分析していけばいいのではないかと考えます。

このアプリでの失語分類は、5・7の分類は省略します。
1皮質性運動失語
2皮質性感覚失語
3伝導失語
4超皮質性運動失語
5皮質下性運動失語(純粋語唖)
6超皮質性感覚失語
7皮質下性感覚失語(皮質聾)

分類の基準として
聴覚的理解・復唱・発話の流暢性の3つを考えました。
いずれも良好・障害、流暢性に関しては流暢・非流暢で2分します。
あまりにも大雑把ですが、アプリ作成上ご了解下さい。
よって、簡易なものと考えて下さい。
先に述べましたように、臨床的には頭の整理に役立つと考えています。

広告掲載のためインターネットに接続します。

Comments and ratings for 簡易失語症分類

  • There aren't any comments yet, be the first to comment!