鉄拳モードチェッカー

鉄拳モードチェッカー

50 - 100 downloads

Add this app to your lists
パチスロ、パチンコ便利アプリシリーズ「P-TOOLS」第6弾!

「鉄拳モードチェッカー」は、山佐のパチスロ機「鉄拳 パチスロ 2nd」において、設定判別とモード判別を同時に行なうためのアプリです。

【目的】

出現した小役やモード毎に異なる期待度を持つ演出、BIG後の背景などを入力していく事により、滞在モードおよび現在の設定の期待度を逐次計算していきます。

【特徴】

・設定判別とモード判別が同時に可能。
・通常営業、イベント営業、均等配置など、各種設定配分に対応したリセット機能。設定を固定することも可能。
・小役カウンタを搭載。CHECKボタンを長押しすると、小役確率を反映した設定期待度を表示。
・小役同時当選ボーナスの設定差を利用した設定判別に対応。
・入力ミスに対応するため、最大20ステップのUndo機能搭載。
・演出に関しても、「かなり熱い」「寒い」などあいまい入力にて対応。
「通常以上」「高確以上」「前兆確定・否定」入力により、設定期待度が変化。
・TEKKEN BONUS 中のモード移行に対応するため、カウンタON/OFFボタン搭載。
・BIG後背景入力により、より精度の高い設定判別が可能。

【使い方】

前回のデータが残っている場合は、「RESET」ボタンを押して設定およびモード比率をリセットします。

カウンタとモード比率は独立してリセットするようになっています。

「カウンタ」でカウンタのみリセット、「通常」「イベント」「均等」で設定配分をリセットします。

「設定1」〜「設定6」は各設定に固定します。

左上の数値は、現在の状態におけるART突入のおおよその確率を表わしています。

上部のメーターは「モードメーター」で、滞在モード比率を表わします。

左部のメーターは「設定メーター」で、現在の設定の期待度を表わします。

真ん中の一番広いエリアは「パネルエリア」で、その下の各種パネル切り替えボタンで操作パネルを切り替えます。

最初は「小役パネル」が選択されています。

設定メーターの下は「RESET」ボタンです。

下部には「現在ゲーム数」「開始ゲーム数」があります。これらはいつ入力・変更しても構いません。小役確率の表示と、CHECKボタンによる設定期待度表示に影響します。

左下には「CHECK」ボタンがあります。これを押している間、設定メーターは小役確率を考慮したものに切り替わります。

次に、各種パネルについて説明します。

・小役パネル

出現した小役を入力していきます。各小役ボタンの下には、小役出現回数と、確率が表示されます。

ハズレは、モード移行におけるハズレ、つまり「見た目上のハズレ、リプレイ、ベル」時に入力します。ほぼ毎ゲーム出現するので、頭で数えてあとで入力できるよう、x10ボタンを設けてあります。

小役ボタンを長押しすると、ボーナス同時当選入力となります。同時当選したボーナスの種類を入力してください。後でボーナスに気づいた場合でも、後述の「Undo」ボタンでやり直しできます。

右下は「Undo」ボタンになります。小役の入力の他、リセットや各種操作を取り消せます。最大20ステップまで取り消すことができます。

「Undo」ボタンの下には、設定差のある小役(弱チェリー、スイカ)の合成確率が表示されます。

なお、前兆が確定した後や、ART中であっても、データ表示機がゲーム数をカウントしている限りは、小役はカウントし続けてください。

(TEKKEN BONUS 対応)

REG(TEKKEN BONUS)中も、通常時と同様のモード移行が行われていますので、小役パネルで入力します。しかし小役のカウントには含めてはいけませんので、このために「カウンタON/OFFスイッチ」があります。これが「ON」の間だけ小役のカウントが行なわれます。具体的には、TEKKEN BONUS に突入したらこのスイッチをOFFにし、終了したら再びONにしてください。終了時の戻し忘れを防ぐため、自動でON/OFFはしないようになっています。

・演出パネル

雑誌などから得た知識を元に、各演出を「かなり寒い」「寒い」「ちょい熱」「かなり熱い」に分類していただき、入力していただきます。

この操作は正確性を欠きますが、うまく使えば設定およびモード判別の速度向上に繋がります。

また、必須の操作ではありませんので、省略しても構いません。

・確定パネル

演出などからモードが確定したときに、その事実を入力します。

このパネルへの入力は、設定判別の大きな材料になりますので、極力入力するようにしてください。「ART終了」「BIG終了」以外は、それが確定している限りいつ何回押してもかまいません。

特定役からとっくに32ゲームが経過しているときなどは、「前兆否定」を押します。

ARTが確定したときは、「ART前兆」を押します。表記の通り、ボーナス当選の場合は押してはいけません。

ARTが終了したら、「ART終了」を押します。これによりART後のモード移行がシミュレートされます。ART当選時は「ART前兆」を押したことにより高確以下の可能性が0%になっていますので、必ずこの操作を行なってください。

BIGが終了したら、「BIG終了」を押します。すると終了画面を訊かれますので、入力します。

設定判別のためにも重要な操作となります。

【注意事項】

・表示される確率・比率はあくまで目安であり、必ずしもこの割合であることを保証するものではありません。判断の指針としてご利用ください。
・このアプリでは小役とBIG終了画面に特に注目しておりますが、実戦では他の演出にも注目し、総合的に判断してください。
・このアプリを使用したことによるいかなる損害も補償しかねますのでご了承ください。

Tags: 鉄拳, パチスロ モードチェッカーとは.

Comments and ratings for 鉄拳モードチェッカー

  • There aren't any comments yet, be the first to comment!