Ask your app and mobile related questionStart a discussion in the Appszoom Forum and get the answers you needX Close

モビツール

モビツール

500 - 1,000 downloads

Add this app to your lists
モビツールは、ほとんどのAndroidスマートフォン端末に搭載されているセンサーを利用して人の生活に役立てるよう開発したツールです。 モビツールでは「加速度」「直線加速度」「照度」「磁気」「重力」「速度・標高」を測れるセンサーが利用できます。

<各センサーの説明> ・加速度:端末の縦と横の傾き度を取得します。 ・直線加速度:通常の傾き加速度センサーとは異なり、重力の影響を受けずに端末に縦と横の傾き度を取得します。 ・照度:端末に現在照れされている明るさをルクス(Lux:照度の単位)で取得します。現在、JISによるオフィスの照明度基準が設けられており、モビツールはその基準に対応しています。 ・磁気:ユーザーの端末で磁気を検知できます。磁気センサーの利用次第で、隠しカメラや盗聴器などの検知にも役立てるはずです。 ・重力:現在端末が受けている重力をm/s2の単位で取得します。私たちは地球で生活をしていますので、重力センサーではほとんど地球の重力しか測れる機会がありませんが、モビツールには各惑星や月などの標準重力を表示できるため、いろんな星の重力を数値で知ることができ、視覚的にもヘビ(python)の画像がアニメーションすることにより、星の重力がどのくらいかを知ることができます。 ・GPS:端末の速度(時速)、端末の位置する標高、GPS精度の3つの数値を取得します。標高は平均海水面からユーザーの端末がある高さの数値を取得します。GPS精度の数値は、衛生が読み取っているユーザーの端末の位置を中心にメートルの範囲で取得しており、その範囲の数値を表します。つまり、端末に送られてくるGPSの情報は、この数値の範囲内によるものなのです。

Androidセンサー以外にも、測量単位を計算できるツールも搭載されています。モビツールで計算可能な単位は、「長さ」「面積」「体積」「速度・加速度」「質量」「圧力」「エネルギー」であり、数値を入力するだけで自動で計算されます。

モビツールに搭載されている各センサーのプログラムは、プログラミング言語「Java」で動いています。アプリケーション開発者の方の参考になればと思い、モビツールでは、各ツール毎にjavaのソースコードを公開しています。

現代のスマートフォン端末に搭載されているセンサーは、利用次第で人々の生活に大変役に立つものばかりです。 まだ一般的には知られていませんが、今やスマートフォンで画面ロックを指紋認識で解除したり、アプリケーションで人間の体温や血圧、脈拍を測ったりすることが可能です。 近未来のスマートフォンではこれらのセンサー利用は一般でも実用可能になるしょう。

現在のスマートフォンにも人の生活に役に立つ多くのセンサーが存在します。モビツールを利用したことでスマートフォンセンサーがどんなに優れているかを知っていただければ幸いです。

Tags: 磁気センサー 原理, 端末 横向き 傾き 取得.

Comments and ratings for モビツール

  • There aren't any comments yet, be the first to comment!