FREE DOWNLOAD

和同開珎という名の釜蓋貨幣についての考察。

    和同開珎という名の釜蓋貨幣についての考察。 icon

    和同開珎という名の釜蓋貨幣についての考察。

    by: 0 0

    FREE DOWNLOAD

    Screenshots

    Description

    釜蓋和同開珎は、708年に、日本で鋳造・発行された銭貨である。日本で最初の流通貨幣と言われており、朝十二銭の第1番目にあたる。直径24mm前後の円形で、中央には一辺が約7mmの正方形の穴が開いている円形方孔の形式である。表面には、時計回りに和同開珎と表記されている。裏は無紋である。形式は、621年に発行された唐の開元通宝を模したもので、書体も同じである。律令政府が定めた通貨単位である1文として通用した。当初は1文で米2kgが買えたと言われ、また新成人1日分の労働力に相当したとされる釜蓋

    Tags: 和同開珎 裏面